エックスサーバーで無料SSL化する方法|ワードプレス編

シェアしてくれると喜びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログやサイトのhttps化

時代は徐々にhttps化の方向へシフトしています。

とりあえず時代の流れにのっておけ。

ということで今回はエックスサーバーで無料でSSL化する方法について語ります。ワードプレスならどのテーマにも共通する話です。

SSL化は始めてだぜ!って方は、初めてブログをSSL化したときに困った点を先にご覧いただくと少し分かりやすいかと思います。

「さっさとhttps化したいんじゃボケ」という方は下記を読めばたぶんできるかと思います。

SSL導入手順

1.エックスサーバー側での設定

まずはサーバーパネルへログインします。(インフォパネルではありません)

ログイン後、SSL設定をクリック。

エックスサーバーSSL設定

次いで、どのドメインに設定するのかの選択画面になりますので、SSL設定したいドメインを選択します。すると以下の画面になるかと思います。

ドメインへのSSL設定

ここで、独自SSL設定を追加する(確定)をクリックで完了。CSR情報を入力するにチェックは入れる必要はありません。

設定が反映されるまでに1時間前後かかります。

2.ワードプレス側での設定

ワードプレスの管理画面へログインします。

設定→「一般」をクリックします。

ワードプレス一般設定

WordPressアドレス、サイトアドレスの両方を「http」から「https」へ変更するだけです。

これで完了です。

すでに記事を投稿している場合

新規でなく、すでに記事をワードプレスで投稿している場合はもうひと手間が必要です。

上記の2手順でサーバー自体のSSL化はできています。ただ各ページごとに見てみると、アドレスバーに鍵マークがついていないこともあります。

テーマによっては「外観」→「カスタマイズ」から一発で解決できるテーマもあるようです。そういったカスタマイズ機能のないテーマに共通した話です。

3.内部リンクや画像リンクの置換

記事内に内部リンクや画像がある場合、これらのリンクを全部「https」から始まるものに変更します。ただ「http」を「https」に変更するだけです。

数記事なら気合で手動でもいけます。

しかし100記事も200記事もある場合はプラグインを使ったほうが早いです。

「プラグイン」→「新規追加」をクリックします。右上のプラグイン検索で「Search Regex」と入力します。

プラグインの追加

こちらを今すぐ「インストール」→「有効化」とクリックしていきます。

次に「ツール」→「Search Regex]とクリックし、設定画面を開きます。

Search regexで置換

1.「Search pattern」に「http」で始まるドメインを入力。

2.「Replace pattern」に「https」で始めるドメインを入力。

3.「replace」をクリック。

ここまでやると、置換候補のURLがつらつらと表示されます。

置換候補

4.「Replace & Save」をクリックで完了。設定が反映されます。

4.301リダイレクトの設定

ここまでやると、各ページごとのアドレスバーに鍵マークが表示されるかと思います。

しかし現状「http」と「https」の両方のページが存在していることになります。まったく同じ内容のページがWeb上に2つ存在するのはよろしくありません。

そこで「http」のほうにアクセスがあった場合、自動的に「https」のページへ転送させる設定が必要です。(ここでは301リダイレクト設定推奨)

1.再度、エックスサーバーのサーバーパネルへログインします。

2..htaccess編集をクリックし、ドメインを選択します。

.htaccess編集

3.あらかじめこちらの記述をコピーしておいてください。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} !=on [NC] RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L] </IfModule>

4.コピーしておいた記述を.htaccess編集画面の、# BEGIN WordPressの上に貼り付けます。これでOK。

.htaccess2

これでhttpのほうへアクセスがあっても自動的にhttpsのほうへ転送されます。

外部リンクの注意点

アフィリエイトリンクを掲載していると、広告主サイトによってはhttps化していないものもあります。この場合は自分のサイトのアドレスバーに鍵マークがつきません。

広告を外すか、諦めてhttpとhttpsの混在コンテンツとして運営していくしかありません。

とはいってもサーバー自体はSSL化されているのでそれほど気にする必要もないかと思います。