ユーチューブで稼ぐとは?どうやって収益化しているのか

シェアしてくれると喜びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ユーチューブで稼ぐ方法3つ

世界中で知名度抜群な動画共有サービスであるYoutube。近年ではユーチューバーと呼ばれる動画のみで食っていく職業?まで登場しています。

わたしもラファエルさんという方のチャンネルはよく視聴しています。(いい年こいたおっさんが何してんねん。というツッコミはなしの方向で!)

で、この方、動画内で言っていましたが月収がベンツSクラス1台分とのこと。1500万~2000万ってとこでしょうか。年収じゃないですよ。月収です。打ち間違いじゃないですよ。もちろん平均月収かどうかは分かりませんが、それくらい稼いだ月もあるということ。

正直半端ないです。それでもまだ上がいるのですからYoutubeってすごい世界です。

ではユーチューブでお金を稼ぐとはどういうことか?どのように収入が発生するのかを説明します。大きく分けると3パターンです。

クリック広告からの収入

すでに何かしらのユーチューブ動画をご覧になった方はご存知かと思いますが、動画を再生し始めると広告が表示されることありますよね。動画本編の前に表示されたり、動画の途中で表示されたり、スキップ可能なものや不可のものさまざまです。

表示されるだけで収入になります。クリックされればもっと高い報酬になります。それらを総合して、大体1再生0.1円かそれ以下。100万回再生されて、10万円いくかいかないかってところです。

報酬の支払いはGoogleから行われます。

企業や個人とのタイアップ

これは普通の人ではできません。再生回数やチャンネル登録者数、アップロード者の知名度などが上がってくると、企業や個人からオファーがくるみたいです。「動画内で商品やサービスを紹介してくれ。」みたいな感じで。オファーは企業のみならず個人の場合もあります。

ユーチューバーという職業が成り立つのも、このパターンの収益があるからです。相場は大体チャンネル登録者数×1.5と言われています。

20万人のチャンネル登録者がいれば、5分や10分の動画1本で30万円の収入です。普通のサラリーマンの月収並みです。報酬の支払いはオファーした者からということになります。

別の媒体への誘導

ユーチューブを単に集客するために使い、別の媒体へ送客。収益化は別の媒体で行うパターンです。アフィリエイターやブロガーはこのパターンを使います。小遣い稼ぎにクリック広告と組み合わせて使う人もいます。

別の媒体とは、自分のサイトだったりブログだったり。他にはメルマガ登録を促すものもあれば、Amazonの商品リンクを掲載しているものもあります。

動画自体は収益の手段ではなく、多くの人に認知してもらうための手段という考え。

まとめ

クリック広告の掲載は審査がありますが、普通に運営していれば誰でも通ります。また累計の再生回数が1万回以下のアカウントでは広告が非表示になりますが、動画をアップロードし続ければ誰でもクリアできるレベルです。割と敷居の低いお小遣い稼ぎ方法といえるのではないでしょうか。

企業や個人とのタイアップは1握りの成功者しかできません。これができればユーチューバーとして食っていけるかと思います。

別の媒体への誘導は、とにかく誰でもいいから集めるのではなく、誘導先の媒体のコンテンツ内容にマッチした属性を集めることが重要かと思います。必然的にターゲットを絞るため再生回数は伸びません。クリック広告と併用してもあまり収入は期待できません。