今更ユーチューバーになって食っていけるのかを徹底解剖

シェアしてくれると喜びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Youtuber今更

小学生のなりたい職業第一位に輝いたこともあるユーチューバー。仮に今日からユーチューバーになったとしたら間違いなく後発組です。先人からのノウハウを多く学べるメリットはありますが、ライバル多数というデメリットもあります。

今回は今更ユーチューバーになって食っていけるのかというテーマで語ります。(えっ、努力次第だって?そんなん言ったら話終わってしまうので、もうちょっと深く掘り下げていこうかな)

ちなみにここでのユーチューバーの定義は、動画配信を主な収入源にしている人とします。アップロードは頻繁にするけど、食っていけるだけの収入になっていない人や、趣味でやっている人は除外します。この辺はユーチューブで報酬を得るための全手段も併せて見てもらえば分かりやすいかと思います。

稼ぐのに必須な3要素

ユーチューバーとして稼ぐために重視したいのが、再生回数とチャンネル登録者数と知名度です。実際稼いでいるユーチューバーを見れば分かりますよね。

再生回数は100万回、チャンネル登録者数は10万人とか50万人とか、街をあるけばキャーキャー騒がれる始末。

ただ最初のうちはチャンネル登録者数も0、知名度もなしからのスタートなので、再生回数のみを重視することになります。再生されるほどにチャンネル登録者も知名度も上がっていきます。

今からユーチューバーになるぜ!という方はいかに再生回数を増やすかでその後の明暗が分かれる。と言っても過言ではないはず。

では再生回数を増やすにはどうするか?

ターゲットは幅広く選定というか誰でも

動画を誰にみて欲しいのか。例えば車に関する動画なら、車好きにみてもらわなければ何も響きません。バイクならバイク好き。動画にマッチしたターゲットにアプローチできなければ意味がないのです。誰も最後まで視聴はしてくれませんし、途中で消されます。(まあそれでも再生されたことには変わりないですが、そんな再生は結局増えても意味がありません)

普通は考え抜いたタイトルをつけて興味のあるユーザーを集客していくわけです。

でも趣味や興味のあるものなんて人それぞれ。ターゲットを絞るということは再生回数を絞っているようなもので、ユーチューバーとしての成功はないはずです。

そうではなく、もっと幅広く、20代女性とか男性とか。もしくは人間全員にとか。とにかく多くの人に見てもらえるようターゲットは幅広く選定する必要があります。むしろ誰でもいいくらいの勢いで。(とはいえユーチューブ利用者は若い方が多いので必然的に若年層をターゲットすることになります)

じゃあ万人受けする動画ってどんな動画か。これはもう面白い動画しかありません。ユーチューブを視聴する人の多くは娯楽目的です。笑える動画とか、おバカな動画を求めているのです。

「コーラにメントスいれてみた」

「ゴキブリ100匹、妹の頭にばらまいてみた」

とか、もう定番中の定番です。誰でも理解できるし、なんか面白そうじゃないですか。すごく興味が湧きますよね。そりゃあ再生回数も伸びるってもんです。

ターゲットを絞ると失敗する

これがブログやサイトと違う点です。相手は検索エンジンではないのですから。生身の人間です。自分の趣味とか興味のあることをネタにしても、有名にならない限りほとんど再生回数は期待できません。

「セルシオ改造してみた」

こんなん車に興味のない人は絶対見ませんし、改造に興味のない人もまず見ません。全く面白くないですもん。

ターゲットを絞るのはアフィリエイターやブロガーだけ。ユーチューバーは有名にならない限り絞ってはダメってことです。

有名ユーチューバーが個人の趣味のことや興味のあることでも再生回数が凄いのは、チャンネル登録者や知名度が凄いからで、これからユーチューバーでのしていくぜって方は真似しても見向きもされません。

年齢制限はないけど、あるようなもの

万人受けするようなオモシロ動画、おバカ動画を毎日アップロードすれば自然と再生回数は増えていきファンも増え知名度も上がり、それだけで食っていくことも決して不可能ではありません。今日からユーチューブを始めたって可能です。

ただし1つ問題があります。

それが年齢の問題。別に特別な規定がユーチューブ側にあるわけではありません。何というかモラルの問題ですよ。

例えばわたし。もう30代のいいおっさんです。

そんなおっさんが「スライム風呂で入浴したぜイエ~イ」なんて動画を投稿したらどうなるか。確かに面白いかもしれませんが、顔出しした時点でアウト。

「何このおっさんキモ!」

そうなんです。面白くてもいい大人がやるとただのイタイ人になってしまうのです。こういった意味でユーチューブ側で年齢制限はないけれど、世間からすると年齢制限は間違いなくあります。

10代、20代なら「面白い」で終わるネタでも30超えたら「キモイ」に早変わり。もちろんすでに有名なら30代でも40代でも全然ありです。

まとめ

これからユーチューバーになろうと考えるなら、自分のチャンネルにいかに集客するかがポイント。万人に共通の面白ネタ、おバカネタが最も手っ取り早い方法ではありますが、年齢制限あり。ぶっちゃけ30過ぎたらユーチューバーは無理です。

30過ぎたらターゲットを絞ったサイトなりブログを構築して、ユーチューブはそこへの集客手段と考えるのが賢い運用方法かと思います。

逆に若ければ、ガンガンやるべき!?実際有名ユーチューバーって10代、20代が圧倒的に多い気がします。で普通に月収100万とか1000万とか稼いでいるわけですから夢はありますよ。

ちなみに女性の場合はまた別の集客の仕方があり、30過ぎてもユーチューバーで食っていける可能性は大いにあります。