ずらしキーワードでアクセスアップを狙うための考え方

シェアしてくれると喜びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ずらしキーワードでアクセスアップを狙うための考え方

ブログを始めて間もないころは、ブログのドメインも弱くなかなかアクセスが集まらないものです。

しかし主にトレンドブログでは、ずらしキーワードを意識することで開設して間もない状態でもアクセスを集めることも可能です。

ずらしキーワードと言われてもアフィリエイト初心者の方には、いまいちピン!とこないものでしょう。

言葉通り「キーワードをずらす」 じゃあ「ずらす」ってどういうことよ?

と思うはずです。

今回はこのずらしキーワードについて語っていきたいと思います。

ずらしキーワードって?

正直私自身も明確な定義は分かっていません。

しかし日常会話でずらしキーワードと言えば、知っている者には通じますし、会話相手は皆私と同じ認識を持っています。

以下私の認識していることを話します。

ずらしキーワードとは、すでに上位表示されている強豪サイトと記事タイトルに使うキーワードが被らないようにするテクニックというか考え方です。

シフトワードと言う人もいます。

検索エンジンからの流入以外に集客できる術があるなら話は別ですが、初めてアフィリエイトに挑戦するトラック野郎にはそんな術はないでしょう。

検索エンジンからの流入を当てにするなら、1つでも多くの記事を上位表示させるしかありません。

しかし、すでに上位表示されているサイトはドメインが非常に強く、グーグルから信頼されているといっても過言ではありません。

そのようなサイトと同じキーワードを使ったタイトルで記事を書いても、上位表示されることはまずありません。

ずらしキーワードの必要性

ビッグキーワードや流行のキーワードは、検索ユーザーからの需要が高く、上位表示されればアクセス数が膨大なものになるため皆狙ってきます。

検索ボリュームの多いキーワードほどライバルも増えるわけです。

ときには一流企業や月に数百万円以上稼ぐアフィリエイター達がライバルになることもあるでしょう。

これ勝てるわけがないですよね。

ですから少しでもライバルの少ない、勝負できるキーワードで記事を書いていく必要があるのです。

ライバルが少なすぎる(検索ボリュームが少なすぎる)キーワードは微妙

基本的に私は、特化型のサイトばかり所有しています。

しかもゲームの攻略サイトばかり・・・

最近のスマホゲーム攻略サイトは、ほとんどがポイントサイトへ誘導するための基本的な攻略情報しか掲載していません。

真面目にプレーしているユーザーには物足りない情報なので、いちいちキーワード選定なんかしなくても、詳しく攻略情報を書いて適当にタイトルをつけるだけで簡単に上位表示ができます。

つまりライバルがほとんどいない状態なわけです。(有名すぎるゲームは別)

このレベルですと、ずらしキーワードなんぞ考える必要もないです。

「ゲーム名+攻略」で検索1位に表示されても、1日のアクセス数は100人程度、200~300PV程度では子供のお小遣い程度です。

まとまった収入を得るには、そんなサイトをいくつも作成しなければなりません。

非常に骨がおれます。

ライバルは多すぎず少なすぎずがベスト

ライバルが多いと話にならないし、少なくても上位表示はできるけど大したアクセスは集まりません。

ちょうど中間あたりがベストだと思いませんか。

ライバルが多い場合、書きたいキーワードで、Google検索すると同じようなキーワードを含むサイトが多数表示されます。

しかし相手が個人で運営するサイトである場合には記事の質次第では上位表示もあり得ます。

ずらしキーワードの考え方

ずらしキーワードは主にトレンドブログを書くときの考え方です。

トレンドブログは、ニュースサイトなどからネタを引っ張ってきて自分流にアレンジして記事を書くのが主流です。

仮に「芸能人Aが結婚」というネタを引っ張ってきたとします。

元ネタと同じ「芸能人A」と「結婚」というキーワードでは、誰でも思いつくのでライバルが非常に多いです。

しかもネタ元であるニュースサイトもライバルになってしまいます。

これではいつまで経っても上位表示は望めません。

そこで重要になってくるのがキーワードを変えて少しでもライバルの少ない、ライバルが弱いキーワードへシフトすることです。(これがずらしキーワードの基本的な考え方です。)

何でもずらせばいいわけではなく、元ネタを読んだ人がたどり着ける範囲でずらさなければなりません。

どういうことかというと、「芸能人Aが結婚」という記事を読んだ人は、

  • 相手は誰だ
  • 出会いのきっかけはなんだ

次々に疑問に思うことがあるはずです。

人によっては「芸能人Aが出演したドラマを知りたい」 「リリースした曲を知りたい」

そう思う人もいるかもしれません。

そういったニーズを満たすキーワードで、かつライバルが少ない、ライバルが弱いものを選択し記事にしていくというのが、トレンドブログにおけるずらしキーワードの考え方です。

ずらしキーワード私のプチ成功例

私も以前トレンドブログに挑戦したことがあります。

あれは今から数年前でした。

とりあえずドメインだけ取得して、何かネタはないかとヤフーニュースを物色していました。

そんなとき目に留まったのが

「1000年に1度の美少女がどうたらこうたら」

ちょっと記事の見出しは忘れましたが、要は橋本環奈さんのことを書いた記事でした。

男ならやはりこういう記事は気になります。

アイキャッチ画像を見る限り確かにかわいいし、どれどれ!と言わんばかりに迷わずクリック。

で、くわしい内容をみると

「橋本環奈さんについてもっと詳しく知りたい」

という欲求に駆られます。

次にとった行動は「橋本環奈」というキーワードでグーグル検索です。

すると、まあいろいろなサイトが表示されました。

無料ブログ、独自ドメイン問わず、全部閲覧したら1日終わっちゃうよ~というレベルです。

ヤフーニュースは新聞や週刊誌に比べればタイムリーに情報を提供してくれます。

たぶん記事が公開されて数時間以内に私は橋本環奈さんの記事を閲覧しているはずです。

にも関わらず、

「1000年に1度の美少女降臨」とか「橋本環奈、奇跡の1枚」とかそんな記事であふれていました。

こういう旬なキーワードで上位に表示されているサイトは、相手にしてはいけません。

どう頑張っても勝てないからです。

しかしなんとかこの人気にあやかりたい私は、いろいろサイト巡りして情報収集しました。

その結果、橋本環奈さんがRev.from DVLというグループに所属していることを知りました。

注目のキーワード「橋本環奈」に対して、「橋本環奈+○○」というキーワードはまず誰もが考えます。

虫眼鏡キーワードで表示されるものを吟味して記事にしても上位表示は望めないだろうと思いました。

そこで私は当時のRev.from DVLの他の「メンバー名+○○」のキーワードで記事を作成しました。

メンバー全員分書くのが面倒だったので、4人分、4記事を書いたと思います。(画像なし、テキストのみのお粗末な記事でした)

しかしその中の1つの記事が5位に表示されて、初記事投稿から3日くらいで200PV突破しました。

ヤフーニュースの記事を見ていない元からのファンの閲覧もあったと思いますが、

多くは橋本環奈さんを初めて知り、Rev.from DVLを知り、他のメンバーのことを知りたいという人の閲覧だと思っています。

とこのようにメインとなる「橋本環奈」というキーワードから全くかけ離れたキーワードでも、元ネタを読んでいる人がたどり着ける範囲であればアクセスは集められるというお話でした。

ただやはり日々新しいニュースが配信され人の興味が移っていくので、常に記事を更新しなければ安定したアクセスが継続するわけではありません。

現に私のそのブログも4記事入れて放置していたら1か月もしないうちに1日0~10PVくらいに落ち着きました。

まとめ

ニュースサイト等で取り上げられたキーワードをそのまま記事タイトルにしても、検索エンジンで上位表示させることは困難です。

そのキーワードから連想される関連キーワードでライバルが少ない、あるいは弱いものを選んで記事タイトルにし上位表示を狙っていきます。

ニュースを読んだ人がたどり着ける範囲なら、キーワードをまるまる変更するのもあり。